寒い時期の車中泊や休憩では、エンジンをかけ車のヒーターで車内を暖める方が殆どでしょう。でも車のエンジンはアイドリング状態とはいえ、想像以上に燃料を消費しますので、経済的にはもちろんの事、騒音や排気ガス等、環境面でも決して良い方法であるとはいえないのです。そこで登場するのがFFヒーター。これはキャンピングカーでは定番となっている装備品で、車のエンジンを停めていても使用できる小型のエアヒーターです。

ヒーターは12V(又は24V)のバッテリー駆動で、これに熱源となる燃焼用燃料と空気が必要となります。燃料の供給方式には、
①車の燃料タンクから供給
②ヒーター専用のタンクから供給
するタイプがあります。ワイルドギアのFFヒーターは②のタイプで専用の燃料タンクが付属していますので、取り付け作業も簡単。使用する燃料は安全で安価な灯油(又は軽油)で、使用状況にもよりますが通常運転時の燃費は約0.1~0.2l/hとかなり経済的です。

始動後約10分で通常運転状態となれば、「カチッカチッ」という燃料ポンプの小さな動作音がするだけですので、会話や睡眠の妨げになるような事もありませんし、車外へ放出する排気ガスの音も殆ど聞こえないレベルです。